名画座スタイルで上映する映画館を中心に、日本国内はもちろん、諸外国の映画館を紹介しています。オマケに、東京近郊の名画座の上映スケジュールを掲載しています。

二本立て l 入替制 l 閉館した名画座

北海道・東北 l 東京 l 神奈川 l 関東・甲信越 l 中部・北陸 l 大阪 l 京都・兵庫 l 四国・九州 l 海外

ユジク阿佐ヶ谷

【入場料】作品により異なる。全席自由入替制。
【割引サービス】毎週木曜・毎月1日1000円、1000円均一のプログラムは800円。
【会員制度】入会・年会費1000円。入場料の割引のほか、入場1回につき1ポイント、12ポイント貯めると6ヶ月間有効の招待券を1枚進呈。

【スクリーン】120インチ。
【座席】44席。ドリンクホルダー付。
【売店】ロビーでコーヒーなど販売。外部からの持ち込み飲食は不可。

【GOOD!】ラピュタ阿佐ヶ谷の姉妹館として、2015年4月25日オープン。中央線のミニシアター文化を守るべく、一日数本の作品を上映。

ユジク阿佐ヶ谷

杉並区阿佐ヶ谷北2−12−19 B1F(JR阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩3分)
TEL:03-5327-3725

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

下高井戸シネマ

【入場料】一般1600円~1000円、大学・専門1300~1000円、高校生以下・シニア・障がい者1000円、会員900円。※上映作品により変動あり。
【割引サービス】毎週火曜・毎月1日1000円、どちらかが50歳以上の夫婦二人で2000円。WEB割引クーポン100円引。
【会員制度】年会費3500円、シニア・障がい者2500円。
招待券2枚進呈、入場料金900円均一。有料入場5回で招待券がもらえるスタンプカードあり。

【映写機】35mm(Fuji Central F-V300AR)、DLP映写機(BARCO DP2K-10S)。
【スクリーン】最大7.05m×3m。
【音響】ドルビーCP650D(SR)。
【座席】126席、7・7配列。ドリンクホルダー付き。

【売店】ドリンク自販機2台。なぜか中古カメラが陳列してあり、販売もする模様。
【パンフ販売】在庫があれば。過去の上映作のパンフ、映画関連書籍の販売あり。

【GOOD!】主にミニシアター系や、邦画の話題作を上映。モーニング、レイトショウあり。スクリーンが大きく、座席もゆったりで見やすい。チラシが豊富にラックに置いてある。
【BAD!】会員やシニアでないと料金設定が高め。雨の日は床が滑りやすい。

下高井戸シネマ

世田谷区松原3-27-26 2F(京王線・東急線 下高井戸駅 東口より徒歩2分)
TEL:03-3328-1008

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

神保町シアター

【入場料】一般1200円、シニア1000円、学生800円。(自由席定員制・整理券制)
【各種割引】平日3回目の上映一般・毎週水曜女性・毎月1日1000円。
【ポイントカード】有料入場5回で、1回入場無料。(一部除外あり。)

【映写機】35mmフィルム(ドイツKinoton社)、DLPプロジェクター(NEC)、液晶プロジェクター(EPSON)。
【スクリーン】最大7.2m×3m。3D対応シルバースクリーン。
【音響】THX標準規格認定劇場。
【座席】99席、車椅子スペース2席、収納式テーブル付。(コトブキ製)

【売店】特集関連の書籍を販売。飲食物の販売なし。(持ち込み飲食は可能)

【GOOD!】本の街・神保町に小学館が運営する定員制ミニシアターが、2007年7月14日開業。
名監督特集や雑誌連載記事などのテーマにちなんだ日本映画の名作を上映。
【BAD!】外観、内装ともに、デザインが奇抜すぎる。

神保町シアター

千代田区神田神保町1-23(地下鉄 神保町駅より徒歩3分、JRお茶の水駅より徒歩8分)
TEL:03-5281-5132

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

東京国立近代美術館フィルムセンター

【入場料】一般520円、高・大・シニア310円、小・中100円。
※月曜、上映準備期間、年末年始休映。

【映写機】35mmフィルム。
【座席】大ホール310席、小ホール151席。

【売店】館内飲食厳禁。1階待合所にドリンク自販機あり。

【GOOD!】国立機関唯一のフィルムライブラリーとして、国内外の作品を企画上映。貴重な作品を格安に鑑賞できる。
【BAD!】常連のシニア客が多く、連日混雑。公共の施設ゆえ、警備等が堅苦しい。

フィルムセンター

中央区京橋3-7-6(東京メトロ 京橋駅 出口1より徒歩1分、都営地下鉄 宝町駅 出口A4より徒歩1分、東京メトロ 銀座一丁目駅 出口7より徒歩5分、JR東京駅 八重洲南口より徒歩10分)
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

シネマブルースタジオ

【入場料】1000円均一。
【回数券】8回分6000円、15回分10000円。
【会員制度】半年間有効。全作鑑賞会費10000円、月一鑑賞会費6000円。

【映写機】35mmフィルム、ビデオプロジェクタ。
【音響】6.1チャンネルドルビーステレオデジタルサラウンドEX。
【座席】294席。

【売店】なし。館内飲食できる雰囲気ではない。

【GOOD!】2006年4月、東京芸術センター内に開業。映画の撮影にも利用できるタッパの高いスタジオで、世界各国の芸術性の高い作品を上映。
【BAD!】移動式の座席のため、振動が伝わりやすく、席も若干硬め。

シネマブルースタジオ

足立区千住1-4-1(JR・東武・東京メトロ・つくばエクスプレス 北千住駅 西口より徒歩7分)
TEL:03-5281-5132

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

ラピュタ阿佐ヶ谷

【入場料】一般1200円、学生・シニア1000円、会員800円。(自由席定員制・整理券制)
【会員制度】郵送会員年会費:一般3500円(継続3000円)、シニア2500円(継続2000円)、学生2500円。メール会員年会費:一般2500円、シニア・学生1500円。
招待券2枚進呈、当日券800円、同伴者1名200円割引。ポイントサービス、館内で販売の書籍、レストラン山猫軒の割引サービスあり。

【映写機】35mmフィルム。
【座席】50席。
【売店】山猫軒のコーヒー、紅茶がセルフサービス。

【GOOD!】主に日本映画の名作を特集上映。モーニングショーでは「昭和の銀幕に輝くヒロイン」と題し、女優別に特集上映、レイトショー企画もあり。
【BAD!】スクリーンは大きいが客席とのバランスが取れてなく、混雑時には見づらいことも。

ラピュタ阿佐ヶ谷

杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21(JR阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩2分)
TEL:03-3336-5440

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

二本立て l 入替制 l 閉館した名画座

北海道・東北 l 東京 l 神奈川 l 関東・甲信越 l 中部・北陸 l 大阪 l 京都・兵庫 l 四国・九州 l 海外

▲ページ先頭へ