名画座スタイルで上映する映画館を中心に、日本国内はもちろん、諸外国の映画館を紹介しています。オマケに、東京近郊の名画座の上映スケジュールを掲載しています。

北海道・東北 l 東京 l 神奈川 l 関東・甲信越 l 中部・北陸 l 大阪 l 京都・兵庫 l 四国・九州 l 海外

高田世界館

【入場料】一般1500円、大学生・シニア(60歳以上)1100円、高校生以下800円。
【会員制度】入場料1300円。

【映写機】フジセントラル(35ミリ)。
【座席】200席。2階席あり。

【売店】パンフレット販売。ドリンク自販機あり。

【GOOD!】1911年(明治44年)創業の、現存する日本最古級の映画館。
老朽化した建物を、NPO法人「街なか映画館再生委員会」が再生。映画館としての上映はもちろん、建物は国の登録有形文化財や近代化産業遺産に指定され、上映時間でなければ、映写室などの見学可能。
【BAD!】冬は恐ろしいくらい寒い。館内に忍び込んだコウモリが舞ってスクリーンに影ができる。(情報提供:高田世界館さん)

高田世界館

新潟県上越市本町6丁目4-21 (えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 高田駅より徒歩10分)
TEL:025-520-7442

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

キネマ旬報シアター

【入場料】旧作一般1000円~1500円、シニア1100円、大高生1000円、障がい者1000円、小中学生500円。
【各種割引】毎月1日・火曜男性・水曜女性・夫婦50割・KINEJUNデイ(毎月5日、20日)1100円、タカシマヤカード提示各300円引。
【会員制度】年会費2000円。5回鑑賞で1回無料のスタンプカードを発行。フリーパスを購入で自動的に入会できる。

【スクリーン】3スクリーン。
【映写機】Barco DP2K-12C(デジタル)、東芝電光TP-3000(35mm)。
【音響】ドルビーデジタルサラウンド7.1。
【座席】全スクリーン最大7・7配列。スクリーン1:160席、スクリーン2:148席、スクリーン3:136席。

【売店】カフェを併設。コーヒー200円~、ソフトドリンク250円~、ドーナツ、スコーン各種、アルコール類の販売あり。ドリンク自販機1台。
【パンフ販売】在庫があれば。映画関連書籍の販売あり。

【GOOD!】2013年2月2日、柏ステーションシアター跡を改装し、「TKPシアター柏」の名称で開業。2014年6月1日より、現館名に変更。
デジタル上映に対応した3スクリーンを擁し、1スクリーンはフィルム上映に対応。各回入替制。
キネマ旬報社との業務提携より、新作やロードショーが終了した映画、過去の名作を特集上映。
ロビー、売店はチケットがなくても利用でき、キネマ旬報のバックナンバーが閲覧できる。休憩スペースも豊富。
【BAD!】駅の出口を間違えると、たどりつくのが大変。

キネマ旬報シアター

千葉県柏市末広町1-1 柏高島屋ステーションモールS館隣り(JR・東武 柏駅より徒歩1分)
TEL:04-7141-7238

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

川越スカラ座

【入場料】一般1500円、学生1000円、小中学生以下800円。
【各種割引】月曜1000円均一。夫婦50割2000円、土日のみ、市営駐車場の駐車券提示で200円割引。
【ポイントカード】4ポイントたまるごとに次回無料。

【映写機】DCP対応映写機、35ミリフィルム。
【スクリーン】横最大7.90m。
【座席】124席。

【売店】ラムネの販売もあり、ちょっとした駄菓子屋風。ポスターなど映画グッズ販売あり。

【GOOD!】2007年5月に閉館した封切館の施設を利用して、NPO法人が同年8月ミニシアター系作品上映館として復活させる。設備の古さは否めないものの、往年の映画館の雰囲気が味わえる。
2013年10月、デジタル映写機導入のためのクラウドファンディング(インターネット経由による財源の提供や協力)目標額達成。同年11月よりデジタル上映を開始。
【BAD!】火曜日は定休。

川越スカラ座

埼玉県川越市元町1-1-1(西武 本川越駅より徒歩15分、東武 川越市駅より徒歩19分)
TEL:049-223-0733

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

深谷シネマ

【入場料】一般1100円、障がい者900円、高校生800円、小中学生700円、幼児(3歳以上) 500円、親子ルーム使用料1000円(パパママ応援ショップ 優待カードをお持ちのお客様は無料)。
【ポイントカード】7回の有料入場で次回無料。(2年間有効)

【映写機】35ミリフィルム、DLPプロジェクタ(デジタル)。
【スクリーン】最大5.5m×2.3m。
【座席】60席、1・6・2配列。ドリンクホルダー、傘ホルダー、荷物用フックつき。混雑時は、パイプ椅子の補助席を設置。

【売店】お菓子の種類豊富。アイスもなか各種100円。ドリンク自販機1台。
【パンフ販売】在庫があれば。

【GOOD!】行政・企業・市民が連携し、平成14年7月27日、深谷に30数年ぶりに映画館が復活。平成22年4月16日より酒蔵跡を改築し移転。
マニュアルに縛られない庶民的なサービスで、市民が気軽に映画を楽しめる施設となっている。平成25年8月、デジタルシネマプロジェクターを設置。
【BAD!】入口が通りに面していない。

深谷シネマ

埼玉県深谷市仲町9-12 旧中山道沿い七ッ梅酒造跡(JR深谷駅より徒歩10分)
TEL:048-551-4592

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

テアトル石和

【入場料】上映作品により異なる。
【各種割引】あり。

【映写機】DLPプロジェクタ(デジタル)。
【座席】120席。

【売店】ちょっとしたファストフード風。ハンバーガー、生ビールあり。
【パンフ販売】在庫があれば。

【GOOD!】ぶどう畑に囲まれた、のどかな映画館。2013年3月、フィルム上映からデジタル上映に転換。ヒット作からドキュメンタリーまで幅広い作品を上映。回数券やスタンプカードなど、割引制度も充実。週末はレイト上映あり。
【BAD!】駅から離れていて、道に迷いやすい。

テアトル石和

山梨県笛吹市石和町八田291(JR石和温泉駅より徒歩15分)
TEL:055-262-4674

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

シネマまえばし

※2011年10月より休館中。

【入場料】一般1300円、学生・シニア・障害者1000円、小中学生以下500円。
【会員制度】年会費3000円。入場料一般1000円、学生・シニア・障害者800円。

【スクリーン】(1)最大1.43×3.35m、(0)最大1.95×4.58m。
【音響】(1)ドルビー、(0)SR・DTS。
【座席】(1)56席、8配列、(0)116席、12配列。

【売店】ドトールコーヒーの自販機、ロバのドーナツ屋を併設。

【GOOD!】旧テアトル西友跡を利用し、2009年12月4日開業。二つのスクリーンを擁し、邦画・洋画の名作を一本立てで特集上映。
【BAD!】営業日は、金~月曜と祝日に限定。

シネマまえばし

群馬県前橋市千代田町5-1-1 前橋プラザ元気21 別館3階(JR前橋駅、上毛電鉄中央 前橋駅より徒歩)
TEL:027-231-8000

公式サイト l map
▲ページ先頭へ

北海道・東北 l 東京 l 神奈川 l 関東・甲信越 l 中部・北陸 l 大阪 l 京都・兵庫 l 四国・九州 l 海外

▲ページ先頭へ